コメントする

我が家のMMDモデル作成ちょっと詳細編 その6

今回は、服やアクセサリの作成を簡単に説明します。

ボーンなどの設定が全て終了すれば、MakeHumanから着せてきた服のベースを利用していろいろな服やアクセサリを作成します。
体のメッシュを利用して作成することも可能ですが、アクセサリも含め服のベースを改造するか、部分的に切り出して使うほうが全体的にスムースかつ簡単にできるように感じます。

服を作成するときは、服のベースをオブジェクトとしてコピー(オブジェクトモードで[Shift]+[D]を使う)し、名称を変更してから編集します。
もちろん、マテリアルが設定されていれば削除してからマテリアルを新規で作成します。
後は、メッシュの編集(編集モード)を行い服を完成させていきます。
(メッシュの編集については、Blenderの操作方法になりますので、他の方が記載している使い方のサイトを参考にしてください。 私もあまり詳しいとはいえませんので・・・・・ 部分的に気づいたことや書きたいことが出てきたら別途特別編を記載することにします)

アクセサリ類は編集モードで服のベースから必要な部分のメッシュを選択しコピー([Shift]+[D])した後別オブジェクト化([P])しておきます。
(ブレスレットなら服の手首部分等)
オブジェクト化したパーツの名前を変更してからメッシュの編集やマテリアルの設定を行います。
アクセサリの場合、ウェイトが簡単な場合が多いので一から作ってウェイトペイントするほうが面白いかもしれません。
(我が家では両方行います。)

服もアクセサリ類も形状の作成が終了すれば、頂点データの編集とウェイトの調整を行います。
頂点データの編集で重要なのは不要な頂点データを削除しておくことです。

服やアクセサリが完成すれば、作成したモデルのファイルをベースファイルとして保存しておきます。

※ 今回はここまでです。 次回はPMX化への準備とPMX化を簡単に説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です