コメントする

今年のキュウリ その1

5月14日、17日に植付け。

種類はVアーチ350、Vシャイン450、某メーカーの試験品種200。

購入苗の状態。

VアーチVシャインともに濃い緑で節間が短く丈夫に育てられている模様。

試験品種はどれも同じ大きさ、葉の展開状態も揃いさすがメーカー。しかし室内育ちのせいか節が長めで葉の厚みも薄く頼りない。

定植後に10m程度の暴風が吹いたがVアーチVシャインはほとんど揺れず無傷。試験品種はかなり煽られて本葉が多数傷ついた。大丈夫?

成長はほぼ順調。Vアーチに芯止まりが2株、Vシャインに1株。接ぎ木の状態が悪く水やりでVアーチ2株が折れ、同理由の成長不良がVシャインに2株。さすがに試験品種の接ぎ木部分はすばらしくきれい。

初期の本葉欠損で試験品種は遅れぎみだったが、孫づるの伸びは早い。現在、かなりの数の孫づるが摘心。

収穫は6月14日スタート。

200kg代に乗ったのが6月27日。全体的には例年より形が綺麗な上、多め。試験品種は他に比べ収量が半分。なぜ?

梅雨入り後、雨と晴れの日が2、3日の周期でくる。その上、雨の日はほぼ豪雨。どこでベト病が来るか。一ヶ所にかっぱん病発生?気温的にまだ早いはず。葉かきでごまかすことに。そうしているうちに何か所にベト病発見。速攻治療薬で防除。5日ほどたったが、広がった気配なく防除成功。

 

現在までの経過はこんなところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です