コメントする

今年のキュウリ その2

今年のキュウリ栽培も中盤戦。

当初からあった炭疽病が未だに健在。

防除をしながら病斑のある蔓ごと切るがどこかに残っているのか少しずつ広がっている。もっと早期のうちに思い切って切除するべきだった。

かっぱん病は7月中旬頃に発生。初期のうちに徹底防除で消滅。最近ちらほら現れるようになった。

ベト病のような斑点が一期に増殖。この高温時期で発生するのか??生理障害??

収量は300kg~400kgで安定。

試験品種の蔓の伸びが早すぎて蔓整理が追いつかずすでに放置。もとより他の品種に比べ黄化が激しい。より強い葉かきが必要だった?

 

 

 

【嫁の愚痴】7月中旬以降はキュウリ以外の作業が難しい。下旬には疲労困憊で思考も止まりかけ。黒豆は7月上旬までに一回目の土寄せを行わなければ管理できないだろうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です