コメントする

人型3Dモデル「Rumi」の紹介(Introduction of humanoid 3D model “Rumi”)

順次「我が家の娘達」である我が家で作成した、ちょっとリアル?な人型3Dモデルを紹介していくことにしました。

今回はすでに知られていると思いますが、「Rumi」を紹介したいと思います。

「Rmi」は、気の強いしっかり者で真面目で非常に優しく行動的、活発であるが、荒事は苦手な女らしい性格の女の子です。
プロフィールは、年齢=25歳  身長=164.7cm  B=87.8 W=58.6 H=81 になります。
ベースとなる3DモデルをMakeHumanで作成し、Blenderを使って編集した後、アニメーション等をさせています。
Blenderへの取り込みは、MakeHumanのMHX2エクスポート・インポートを利用しています。

Rumi_Introduction_190403

Rumi_Facetest190404
MakeHumanのBlender向けToolsであるMakeWalkを利用して、BVHファイルを取り込みアニメーションしてみました。
*我が家では基本的にMakuHumanのスケルトン(ボーン)はリグセットのDefault(163ボーン)を使用しています。
ボーンの不足部分をBlenderで追加して使用します。(両目とつま先は追加したほうが使いやすいかな!!)
また、MakeWalkのターゲットファイルをDefaultリグセット専用で自作してから取り込むようにします。

Rumi_House Dancing190405_02

これで「Rumi」の紹介を終わります。

I decided to introduce “a little realistic humanoid 3D model” that I created, who are “my daughters”.
This time, I think it is already known, but I would like to introduce “Rumi”.

“Rmi” is a strong and serious person who is serious and very behavioral, active, but a girl with a feminine character who is not good at rough situations.
The profile will be age 25 years T = 164.7 B = 87.8 W = 58.6 H = 81.0.

The base 3D model is created with MakeHuman, edited using Blender, and animated.
Import into Blender uses MakeHuman’s MHX2 export / import.
I tried to import and animated BVH files using MakeWalk, a tool for Blender in MakeHuman for Blender.
* I basically use MakuHuman’s skeleton (bone) using the rig set Default (163 bones).
Add and use missing bones in Blender. (I think that adding eyes and toes is easier to use !!)
Also, make MakeWalk’s target file for the Default rig set and create it before importing.
(Because I am not good at English, it may be difficult to understand.)

This concludes the introduction of “Rumi”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です